トヨタがスマホで操作する自動運転システムを公開、新鮮な“運転”体験、東京モーターショー

トヨタがスマホで操作する自動運転システムを公開、新鮮な運転体験、東京モーターショー

トヨタ自動車は東京モーターショー2011で、プリウスをベースとする自動運転車両「TOYOTA AVOS(AVOSはAutomatic Vehicle Operation Systemの略)」を公開した。

車両の呼び出し、障害物回避走行、自動駐車といった動きをスマートフォンからの指示で行うAVOSに試乗してみた。

係員から渡されたスマートフォンで呼び出すと、運転席に誰もいないAVOSが走りよってくる。必要な操作はスマホの画面を指でタップするだけだ。AVOSにはGPSが二つと、レーザーが前後左右の数箇所に設けられており、位置情報や周囲の障害物などを検知しながら進路をコントロールしている。

後席に乗り込み、スマホで自動運転の開始を指示するとすべるようにAVOSは走り出した。無人の運転席で、ハンドルだけが静かに動いている。時速20キロ程度で屋外展示場を1周する間、路上駐車されたクルマを避けるといった動作もまったく指示なしでこなした。

AVOSから降り自動駐車を指示すると、クルマ2台の間に吸い込まれるように収まった。時間にして3分ほどの試乗の間に、スマホを通じてAVOSを「操作」したのはわずか3回だけだった。

 

トヨタはソーシャルネットワーク(SNS)を使って電気自動車などのユーザーにバッテリー残量や車検時期などを伝えるサービス、「トヨタフレンド」を12年から開始する。そうしたクルマのIT化のなかでスマホは重要な役割を演じるが、究極の形は自動走行かもしれない。

現状では法規的にも公道での自動走行は難しいが、AVOSの開発で培われた技術は、衝突回避システムなどのかたちで市販車にも反映される。クルマと人の関係の変化を予感させる、新鮮な経験だった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。