「イスラム国」、パルミラの古代神殿を爆破

ローマ時代の重要遺跡を破壊

 8月23日、過激派組織「イスラム国」がシリア・パルミラの古代遺跡にあるバール・シャミン神殿を爆破した。写真は破壊される前のパルミラの古代遺跡。2010年9月撮影(2015年 ロイター/Nour Fourat)

[ダマスカス 24日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国」が23日、シリア・パルミラの古代遺跡にあるバール・シャミン神殿を爆破した。同国の文化省文化財博物館総局のマムーン・アブドルカリム総裁が明らかにした。

5月にパルミラを制圧して以降、イスラム国がローマ時代の重要遺跡を破壊したのはこれが初めてとみられている。

イスラム国は先週、パルミラで50年以上にわたって活動していた考古学者ハレド・アサド氏(82)を殺害。同氏はイスラム国に1カ月以上拘束されていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。