シャープ希望退職、3500人枠に3234人応募

特損243億円計上へ

 8月21日、シャープは、45歳―59歳の国内社員を対象に募集していた希望退職が3234人になったと発表した。都内で2013年3月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - シャープ<6753.T>は21日、45歳―59歳の国内社員を対象に募集していた希望退職が3234人になったと発表した。国内連結従業員2万4000人の13%に相当する。

2012年に募集して以来の希望退職で、3年間の国内従業員の削減数は6000人を超える。

退職関連費用で2015年4―9月期決算で243億円の特別損失を計上する。今回の人員削減による固定費削減効果は16年3月期に150億円を見込む。シャープは今回の特損を織り込み済みとしているが、16年3月期の当期純損益の予想は開示していない。

希望退職は、7月27日から8月4日まで募集していた。定員は3500人で特損は350億円を想定していたが、募集した人数はこれに達しなかった。9月30日付で退職する。

同社は12年12月にも40歳以上の国内従業員を対象に希望退職を実施し、当時の国内連結従業員2万8300人の10%強に相当する2960人が退職した。当時は、定員の2000人を大幅に上回る応募があり、募集期間を前倒しして締め切った。

 

(村井令二 編集:田中志保)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。