天津爆発でトヨタ・富士重・マツダに被害

従業員負傷のほか完成車損傷も

 8月14日、天津の爆発事故で、トヨタや富士重、マツダの完成車に被害が出ている。写真は爆発に近い地域で13日に撮影された多くの焼けた車(2015年 ロイター/Damir Sagolj)

[東京 14日 ロイター] - 中国・天津市の港湾地区で12日夜に起きた化学物質倉庫での大規模爆発で、一部の日系自動車メーカーにも被害が広がっている。トヨタ自動車<7203.T>の現地従業員が負傷したほか、富士重工業<7270.T>やマツダ<7261.T>の完成車の一部に傷がつくなどの影響が出ている。各社とも詳細な被害状況の確認を続けている。

トヨタの組み立て工場と開発拠点は、激しい爆発のあった場所から約3キロ圏内、関連の物流施設も約2キロ圏内にある。同社広報によると、現地工場は8月9日から16日まで夏期休業中で稼働しておらず、多くの従業員が休みだったが、爆発現場の近くに住む工場の従業員数人が負傷したほか、販売店の従業員2人がガラスの破片で切り傷などを負った。

現地工場を17日以降稼働させるかどうかは「道路などの封鎖状況や部品会社などの影響をみて決める」(トヨタ広報部)という。一時保管の完成車も爆発の影響を受けたようだが、具体的な被害や生産に与える影響など、詳しい状況の把握には時間がかかるとしている。

富士重では、爆発現場から約2キロ離れた車の一時保管場所で、日本から輸出した完成車百数十台に被害が及んだ。車体に傷がついたりするなどの「なんらかの被害は出たようだが、被害の程度は現時点ではわかっていない」(富士重広報)。人的被害や販売店、事務所などに影響はないという。

マツダも日本から輸出した新車のミニバン「マツダ5(日本名プレマシー)」55台に塗装がはがれたり、傷がついたりしたが、いずれも「被害の程度は軽微」(マツダ広報)という。人的被害は出ていないが、販売店1店でガラスが割れるなどの被害があり、13日は営業を中止。14日は顧客対応のため人員を縮小して営業を再開したが、今後は復旧状況をみながら判断するとしている。

 

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。