「イスラム国」がマスタードガスを使用か

イラク領内のクルド人組織との戦闘で

 8月13日、「イスラム国」がイラクのクルド人組織との戦闘で化学兵器のマスタードガスを使用した疑いがあると、ウォールストリート・ジャーナルが報じた。写真はイラクのモスル近郊に活動するクルド人戦闘員。1月撮影(2015年 ロイター)

[ワシントン 13日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国」がイラクのクルド人組織との戦闘で化学兵器のマスタードガスを使用した疑いがあると、米紙ウォールストリート・ジャーナルが13日報じた。

米高官の話として同紙が伝えたところでは、マスタードガスが使用されたとみられるのは今週初めで、米政府が信頼できる情報を得たという。

同紙によると、「イスラム国」はシリアかイラクでマスタードガスを入手した可能性がある。シリアは化学兵器廃棄に合意した2013年に、大量のマスタードガスを保有していると認めている。

米情報機関はこれまで、「イスラム国」が化学兵器として禁止されていない塩素ガスをイラク国内の戦闘で使用している疑いがあるとしていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
疑われる日本<br>安保と原発

日本が抱える再処理プルトニウムは48トン。原子爆弾6000発分に相当する量だ。これに中国、韓国が疑念を抱き、東アジアで核兵器原料の増産競争が勃発するおそれも出てきた。