アップル、ライブTVサービス導入延期へ

十分な量のコンテンツを用意できず

 8月13日、米アップルは、インターネットによるライブTV放送サービスの開始を少なくとも来年まで延期する見通し。ニューヨークで7月撮影(2015年 ロイター/Mike Segar)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、インターネットによるライブTV放送サービスの開始を少なくとも来年まで延期する見通し。ブルームバーグが事情に詳しい関係者の情報として伝えた。サービスは年内開始の予定だった。

ブルームバーグによると、CBS<CBS.N>や21世紀フォックス<FOXA.O>などとの交渉が進まず、アップルは十分なコンテンツが用意できないと判断した。またアップル側で、快適な視聴体験を保証できるコンピューターネットワークの準備が整っていないことも理由とされる。

アップルは9月9日にサンフランシスコで開くイベントで、ライブTVサービスを発表する予定だった。同イベントでセットトップボックス「アップルTV」の新型を発表する計画については変更ないという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。