中国天津市の工業地帯で大規模爆発、14人死亡・数百人負傷

7人が死亡、180人が負傷

 8月12日、中国天津市の工業地帯で現地時間12日夜、大規模な爆発が発生。新華社は、少なくとも7人が死亡し、180人が負傷したと報じた。写真は炎が上がる爆発現場。13日撮影(2015年 ロイター)

[ロンドン 12日 ロイター] - 中国天津市の工業地帯で現地時間12日夜、大規模な爆発が発生した。国営メディアは、14人が死亡し、数百人が負傷したと報じた。

中央テレビ(CCTV)によると、爆発は午後11時半(日本時間13日午前0時半)ごろ、爆発物の積荷付近で2回起きたという。

CCTVのマイクロブログによると、習近平国家主席は、関係当局に、爆発で起きた火災の迅速な消火、負傷者の救出、周辺地域及び住民の安全確保に全力を挙げるよう指示した。

*内容を追加します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。