コンテンツや純正オプションにおカネを落とさない中国人、本体の海賊版は減少傾向だが…

山谷剛史  ライター

中国といえば「海賊版」を思い浮かべる人は今も多いだろう。
 
 「データは海賊版でもオリジナルと異なることはないし、満足なアフターケアもあるわけではないので無料の海賊版に越したことはない」という、中国の消費者の意識は昔も今も変わらない。
 
 一方で、中国国内のコンテンツホルダーが、消費者ではなく企業や動画サイトなどのコンテンツ配信業者を相手取って訴訟することは数年前からよく見るようになった。
 
 このため、最近は各動画サイトは競って配信権をコンテンツホルダーから購入、利用者へは無料で利用してもらいつつ、広告を配信することで、収入を得られる仕組みが整ってきた。

中国において“脱海賊版”をいち早く実現したのがオンラインゲームだ。オンラインゲームで用いられる仮想通貨(バーチャルマネー)は、街中の駅のキヨスクのような小型売店やオンラインで簡単に購入でき、中国のゲーム好きの若者がネットゲームにおカネを投じている。
 
 また人気チャットソフト「QQ」でも、アバターといわれるQQ用の自らの分身向けの服などのファッションアイテムを専用のバーチャルマネーで購入できる。


■パソコンショップが並ぶ電脳街では子供だましのニ
セモノはあまり売られず、主に本物が売られている

となれば、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリも、課金の仕組みが整っているので、中国の消費者もちゃんとおカネを落としてくれるのではないか、と期待を持つ読者もいよう。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。