南アフリカで22年前の盗難車発見

持ち主からは「信じられない」の声

[ヨハネスブルク 5日 ロイター] - 南アフリカで1993年に盗まれた車が22年ぶりに見つかり、当時の持ち主に戻されたことが分かった。

現地紙ビールトによると、プレトリアに住む男性は1993年、所有していたトヨタの「カローラ」が盗まれたと警察に盗難届を出していた。

昨年になり、北部リンポポ州の道路でエンジン番号が削られた跡のある車が発見された。警察当局者によると、1人の警官が番号を調べ、2週間前に持ち主の男性に連絡した。

男性は「洗車して運転するつもりだ。車内の状態は今でも全く問題はない。信じられない」と話しているという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。