【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 石平著

【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 石平著

中国では政治的発言は政府から圧力を受けるが、経済問題については、中国人経済学者は自由に分析し、公表できると著者はいう。

経済専門紙の21世紀経済報道によると、2011年6月現在、北京市内で売れ残りの不動産在庫面積は3300万m2以上に達し、時価では約1兆元(約12兆円)に上っている。平均的な販売率からすると、この在庫を消化するには1年半以上かかる。深セン、広州、上海も順に9カ月、8カ月、7カ月分の在庫がある。社会科学院工業経済研究所の曹建海研究員が、「12年に北京の不動産価格は5割暴落するだろう」と発言したのも根拠のないことではない。

中国が内包する、経済の懸念される実情を直視する。

幻冬舎新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。