競泳世界選手権、渡部香生子が銀メダル

女子200m個人メドレーで

 8月3日、水泳の世界選手権、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で渡部香生子(右)が銀メダルを獲得(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[カザニ(ロシア) 3日 ロイター] - 水泳の世界選手権は3日、ロシアのカザニで競技を行い、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で渡部香生子が銀メダルを獲得した。

渡部は2分8秒45の日本新記録をマークした。同種目での日本選手によるメダル獲得は史上初めて。

カティンカ・ホッスー(ハンガリー)が2分6秒12の世界新記録で優勝した。

渡部は女子100メートル平泳ぎでは5位に入り、決勝に進出した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。