日本は、実は莫大な量の水を輸入している

「バーチャルウォーター」を知っていますか

毎年8月1日は「水の日」。これは1977年に閣議決定されましたが、昨年になって水循環基本法で法定化されました。8月1日からの1週間を通じて、水資源の重要性について考える各種のイベントが国土交通省や各都道府県などの主催で行われます。

日本の水資源は豊かだが・・・(写真:ハムワ / PIXTA)

そこで、この機会に日本の「水資源」について考えましょう。

言うまでもなく、日本は四方を海に囲まれる島国です。国土の大半を森林が占めており、数々の美しい河川が流れていています。大きな湖もたくさんあります。

そんな日本は水を完全に自給自足していると考えがちです。しかし、実は大量の水を輸入しています。どういうことなのでしょうか。

日本の食料自給率は39%

画像を拡大
各国の食料自給率(カロリーベース) 出典:諸外国・地域の食料自給率の推移(1951-2012) 農林水産省

それは日本の食料自給率が低いことが影響しています。農林水産省によればカロリーベースでの日本の食料自給率はわずか39%。つまり61%の食料を輸入に頼っています。

しかも、国内の農業就業人口がこの20年で約45%も減少しているだけでなく、農業就業者の平均年齢は66.2歳(2013年)と高齢化が進んでいます。。国としてさまざまな対策を講じてはいるものの、食料の多くを輸入に頼らざるを得ない状況は、これからも長く続くことが想像できます。

次ページ食料輸入=灌漑用水も輸入しているということ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。