渋沢栄一 社会企業家の先駆者 島田昌和著

渋沢栄一 社会企業家の先駆者 島田昌和著

近代日本の実業界のリーダーとして活躍した渋沢栄一(1840~1931)。おびただしい数の会社経営にかかわる一方で、経済・政策に関して積極的に提言を行い、実践にも移した。

76歳を期に第一銀行頭取を退き、実業界を引退後、三つの問題に精力的に取り組んだ。竜門社などを通じた「道徳経済合一説」の普及、修養団体の支援、「資本と労働の調和」を目指す協調会の設立とその後の活動支援、さらに「細民救恤(きゅうじゅつ)手段の統一」として、養育院をはじめとする社会福祉事業を生涯をかけて手掛けていく。

営利、非営利を問わぬ「社会企業家」の先駆者として、渋沢の多彩な経済活動と社会活動の動機を明らかにする。

岩波新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。