米大統領選に「奇妙な候補者」が溢れる理由

「大統領不適格者」が次々に名乗り

大統領選に名乗りを上げている、ドナルド・トランプ氏(写真:Rick Wilking/Reuters)

米国大統領選挙運動は、候補者の人数(現在14人、さらに2~3人現れると予想)だけでなく、候補者の性質も極めて奇妙だ。

民主党側に関する政界の疑問は、ヒラリー・クリントン前国務長官が敗れる可能性があるかどうかだ。クリントン夫妻はさまざまな予期せぬ事態やスキャンダルを起こしている。多くの民主党議員が彼女を支持しながらも熱意に欠けているのはそのためだ。

共和党レースの見通しは?

社会主義者を自認するバーニー・サンダース上院議員は、この選挙の盛り上がりを刺激している。彼の提案の多くは、厳しい追及を免れえぬ一方(たとえば、すべての大学生の授業料を無料にするという計画の資金はどのように調達するのか)、これまでのところ、そういった追及に真剣に対処することを何とか避けている。

対照的に、共和党のレースは見通しのよいものとなっている。今年初め、大方の見方は、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が立候補するなら本命となるだろう、というものだった。理屈上、彼は楽勝するだろうと思われたが、選挙は理屈どおりにはいかない。指名争いの最初の舞台となるアイオワ選挙区の幹部会では、福音主義のクリスチャンが非常に重要な役割を演じるが、これらのクリスチャンを満足させることに注力しすぎた場合、候補者は当選が難しくなる可能性もある。

次ページトランプを超える奇妙な人物
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。