中国外務省が日本の「防衛白書」を批判

「中国の脅威を誇張している」

 7月22日、中国外務省の陸慷報道局長は、21日に公表された日本の2015年版防衛白書について「中国の脅威」を誇張し緊張を作り出していると批判した。写真は山東省青島沖で演習を中国海軍。昨年4月撮影(2014年 ロイター/CHINA DAILY)

[上海 22日 ロイター] - 中国外務省の陸慷報道局長は、21日に公表された日本の2015年版防衛白書について、「中国の脅威」を誇張し緊張を作り出している、と批判した。報道局長の談話が21日夜、外務省のサイトに掲載された。

白書が中止を求めた中国による東シナ海の石油・ガス開発については、中国の海洋活動は国際法にのっとって行われている、と反論した。

報道局長は「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は古来から中国に属している。中国政府は引き続き、領土主権の保護に向けて必要な措置をとるつもりだ。日本は、非現実的な幻想を持つべきではない」としている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。