中国外務省が日本の「防衛白書」を批判

「中国の脅威を誇張している」

 7月22日、中国外務省の陸慷報道局長は、21日に公表された日本の2015年版防衛白書について「中国の脅威」を誇張し緊張を作り出していると批判した。写真は山東省青島沖で演習を中国海軍。昨年4月撮影(2014年 ロイター/CHINA DAILY)

[上海 22日 ロイター] - 中国外務省の陸慷報道局長は、21日に公表された日本の2015年版防衛白書について、「中国の脅威」を誇張し緊張を作り出している、と批判した。報道局長の談話が21日夜、外務省のサイトに掲載された。

白書が中止を求めた中国による東シナ海の石油・ガス開発については、中国の海洋活動は国際法にのっとって行われている、と反論した。

報道局長は「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は古来から中国に属している。中国政府は引き続き、領土主権の保護に向けて必要な措置をとるつもりだ。日本は、非現実的な幻想を持つべきではない」としている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。