日立の高速鉄道、イギリスでの意外な評価

現地でイギリス人に聞いてみた!

2009年に英国内の高速新線でデビューしたジャベリン。日立にとってヨーロッパへの初めての完成品納入案件であった。しかし日立のブランド名を知っている人は少なかった

山口県にある日立製作所笠戸事業所から出荷された、最初の都市間高速鉄道計画(Intercity Express Programme/以下IEP)向けClass800量産先行車5両1編成が3月12日に英国のサウザンプトン港に到着した。クリア・ペリー運輸政務次官をはじめとして、多くの関係者を招いての到着セレモニーが催され、その様子は公共放送のBBCなど各局のニュース番組で報じられた。

Class800は、最初の12編成76両が笠戸事業所で製造され、残りの110編成790両は、現在ダーラム州ニュートン・エイクリフに建設中の鉄道車両工場(2015年夏頃完成予定)で製造される予定だ。

現地に工場を置き、雇用も創出

当初、英国以外の国で製造される車両を導入することは、英国内の雇用を奪うことになるとして反対する意見もあり、日立にとってはこの車両更新プログラムを獲得するうえでの大きな壁となっていた。だが、英国内に工場を置くことで雇用を創出するということもあり、この事業の獲得に成功した。

英国内で活躍する日立製作所の鉄道車両と言えば、2012年に開催されたロンドンオリンピックのメイン会場への足として、2009年より営業を始めた395系車両、通称「ジャベリン」が有名である。だが、それ以外にも目立たないところで日立の車両が活躍している。

ジャベリンと同じ、サウスイースタン鉄道で使用される近郊型車両465系は、製造当初より信頼性に多くの問題を抱えていたが、日立はこの465系の更新案件を受注、制御装置など足回り一式を日立製に交換した。その後、465系は故障もほとんどなくなり、品質の面で日立は高い評価を得た。

こうして着実に実績を積み重ねてきたことも、今回の大型案件を受注できた理由のひとつであろう。

次ページ日本製品の知名度はどのぐらいか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。