ブックオフ橋本相談役が今やっていること

相談役になっても現場で大活躍

ブックオフコーポレーションの取締役相談役の橋本真由美さん

2006年、ブックオフコーポレーションの代表取締役社長にひとりの女性が就任しました。橋本真由美さん。彼女はその異色の経歴からメディアの注目を集めました。

結婚後、専業主婦として18年間家事と子育てに専念していた橋本さん。41歳でパートスタッフとしてブックオフに入社して以降、「常に現場の店舗のことを考え続けてきた」と語ります。

現在も取締役相談役として全国の店舗を飛び回り、現場のスタッフとともに汗を流す日々。橋本さんはどのようにブックオフの仕事と出会いキャリアを積んでいったのでしょうか。

本記事はリクナビNEXTジャーナル(運営:リクルートキャリア)の提供記事です

2人の子を持つ専業主婦から、全国約1万人の従業員を叱咤激励する「ブックオフのお母さん」となった橋本さんに、ご自身のキャリアと、仕事に対する思い、そして若手ビジネスパーソンへのメッセージをお聞かせいただきました。

出会いは単なる偶然…。結婚18年目の不安と転機

ブックオフ1号店である千代田店(神奈川県相模原市)の当時の写真

――橋本さんがパートスタッフとしてブックオフに入社されたのは1号店オープンのタイミングなんですよね?

はい。ブックオフ1号店の千代田店(神奈川県相模原市)は1990年の5月2日にオープンしたのですが、私が入社したのはその直前の4月17日。なぜかその日付をしっかり覚えているんですよね。

自転車に乗って、初めて出勤した日です。

――それまでは専業主婦だったのですよね?

結婚してから18年間、優秀でまじめな専業主婦でしたよ(笑)。

2人の娘がそれぞれ高校生、中学生になり、今後必要になる学費の足しにしようと思って軽い気持ちで始めたんです。当時はビジネスウーマンとして活躍しようという思いはなかったし、ましてや経営に関わるなんていうことは想像もしていませんでしたね。

次ページ働こうと思ったきっかけは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。