新・堕落論 石原慎太郎著

新・堕落論 石原慎太郎著

東日本大震災に関して「天罰だと思う」などと発言し批判された東京都知事が、ことの真相を語った。

敗戦から65年続いてきた平和によって、日本民族は堕落してしまったと説く。

米国という間接的な支配者の下に甘んじて国防を放棄し、国民はひたすら金銭欲、物欲、性欲の三つの“我欲”ばかりを追い求めてやまない。今回の震災は、そうして堕落した民族に対する天罰だというのだ。

米国の「核の傘」の下の平和のうそを暴き、日本も核保有するためのシミュレーションぐらいはやるべきだとも述べている。

日本という国が、今ここにある危機を超克するために何をなすべきかを問う。

新潮新書 756円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。