成長と脱デフレがないと超円高は何度も繰り返す--長谷川閑史・経済同友会代表幹事

成長と脱デフレがないと超円高は何度も繰り返す--長谷川閑史・経済同友会代表幹事

米債務問題に端を発した世界経済の異変。“不安の連鎖”は欧米だけではなく、東日本大震災から復興途上の日本にも及んだ。1ドル=70円台という超円高が、日本企業の業績回復にも影を落とす。政治や行政、企業は今、いかに行動すべきなのか。「縮原発」を提唱するなど財界の論客でもある、経済同友会の長谷川閑史代表幹事を直撃した。

--米国債格下げを発端とする欧米・アジアの株価乱高下は、実態経済を含めた世界の景気不安を予感させます。どう見ていますか。

確かに世界同時株安は現実に生じたが、米国債の格下げがなぜ起きたのかは、格付け会社に聞いてみなければわからない。ただ、民主主義の先進国で政治が行き詰まっていることが、本質的に横たわっている大きな問題なのではないか。

従来の米国なら、共和党と民主党は右派か左派か中道か程度の分かれ方だった。しかし、ブッシュ前政権の頃から極端な右派や左派のグループがその中に生まれ、国益より自分の立ち位置を優先している。

かつて政治家は、公のスピーチでは極端なことを述べても、議会で重要事項を折衝すると、つねに国益最優先で妥協していた。

それが近年、政党の中でも意見が分裂し、まとまり切れない。国債発行の上限額切り上げは今まで何度も行われてきたのに、それが駆け引きの材料に使われ、ギリギリまで混乱を増幅させた。

── 一方で円相場は過去最高値に迫りました。日本企業への深刻な影響は避けられません。

円高は為替の協調介入などを行うことで、一時的に緩和することはできる。だが日本は先進国でも経済規模が大きく、まして単独介入となると効果は極めて限られる。あくまでも対症療法だ。

本質的にはこの国の経済を、安定的でマイルドな成長とインフレに持っていかないと、解決しない。日本だけ世界とかけ離れ、デフレで経済が成長しない中、本質的な部分にメスを入れないかぎり、こうした問題は繰り返し起こる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。