何のための在宅勤務? 震災前から在宅勤務を導入していた先進企業109社を一挙公開!--『CSR企業総覧』注目データ


こうしたその場しのぎの制度では、しばらくすると在宅勤務のデメリットばかりが出てくることになりかねない。その点、今回ご紹介した109社の中にはすでに試行錯誤しながらノウハウを積んできた企業が多い。こうした先進事例を他社は参考にして有意義な在宅勤務制度の導入を目指すべきだろう。

現在、調査中の第7回CSR調査でも前回に引き続き、「在宅勤務制度の有無とその内容」について聞いている。震災後に在宅勤務制度がどこまで増えるかは興味深いところ。秋に今回の集計がまとまったら、導入企業の目的の変化などを報告する予定だ。

 

 

(岸本吉浩 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。