(第8回)産業構造の転換で電力使用を抑えられる

(第8回)産業構造の転換で電力使用を抑えられる

菅直人首相は、7月13日の記者会見で、「脱原発」への方向づけを表明した。これをめぐってさまざまな論評がなされたが、そこで欠けていたのは、「産業構造の転換によって電力需要を抑制する」という視点だ。行われている議論の大部分は、電力需要を所与とし、脱原発で不足する分を再生可能エネルギーや「埋蔵電力」(企業の自家発電)で賄おうとするものだ。

代替エネルギー源の探求は確かに必要である。しかし、それによって電力の量的制約をクリアできたとしても、発電コストの上昇は避けられない。

また、原発に依存し続けて問題を解決できるかといえば、そうでもない。これまで原子力発電のコストが低いといわれていたのは、必要とされる安全対策のコストを含んでいなかったからである。それを含めれば、原子力発電のコストは決して安くはなかったのだ。

ところで、製造業は電力を大量に使う産業であり、日本全体の電力使用の中で大きな比重を占めている。したがって、製造業が海外に移転すれば、国内の電力使用量はかなり減少する。「脱原発」を目指す場合に最も重要なのは、こうした可能性を検討することだ。

海外移転は「産業の空洞化である」とされ、「ぜひとも避けるべきもの」と見なされている。しかし、そうした固定観念から脱却し、冷静に考える必要がある。

しかも、製造業の海外移転は、震災の前から円高を原因として進展しつつあった。円高はその後も継続しており、7月12日には1ドル=78円台まで円高が進んだ。したがって、「脱原発を行わなければ移転が進まない」ということにはならない。電力事情が移転を加速するのは事実だが、製造業の海外移転はそれとは無関係に進む。

ただし、以上の主張は海外移転が国内経済に悪影響を与えないことを前提にするものではない。以下に見るように、マイナスの影響は十分ありうる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。