【産業天気図・銀行業】量的緩和解除を受け利ザヤ拡大、公的資金も完済へ

銀行業にとって2006年度は、まさに「反転攻勢」の年となりそうだ。長らく銀行業績の足を引っ張ってきた不良債権問題は04年度までにほぼ解消した。05年度にはそれが実績数値として確認され、秋口からの銀行株急騰を引き起こした。輸出を中心とする日本経済の好調を背景に、従来「問題先」とされていた貸出先が次々と改善。高い水準まで積み増した貸倒引当金の戻入益が多額計上され、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.東証>の中間期純利益がトヨタ自動車<7203.東証>のそれを超えるなど、銀行復活を裏付ける1年だった。
 続く06年度は、そうした特殊要因を除いた本業ベースでも大きな伸長が見込めそうだ。ゼロ金利は「当面維持」としつつも日銀の量的緩和解除を受け、市場は先行的に動き出した。預金金利は据え置きながら、個人向け貸し出しの軸となる住宅ローン金利は長短期を問わず上昇し始め、企業向け貸し出しも長期プライムレートが上昇基調と、念願の利ザヤ改善を各行とも果たせそうだ。みずほフィナンシャルグループ<8411.東証>、三菱UFJ、三井住友フィナンシャルグループ<8316.東証>の三大銀行グループはそろって、残る公的資金を06年度中に完済する方針だ。各社、06年度上期中での完済も視野にある。
 下期以降も、この勢いは続きそうだ。投資信託、個人年金保険販売などの手数料収入は都市銀行、地方銀行とも一段の伸長が見込まれる。大手行では協調融資の組成、ストラクチャードファイナンスなど法人向け手数料収入の本格化も期待できる。モスクワに次ぎ、ドバイに駐在所を開設する方針の三井住友FGのように、縮小基調が続いた海外業務のテコ入れも始まりそうだ。
 目下の懸念は、利用者による「儲け過ぎ批判」ぐらいだろう。
【風間直樹記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。