「神道」の虚像と実像 井上寛司著

「神道」の虚像と実像 井上寛司著

神道とは何なのか、いつどのように成立したのかを問い、さらに神社や寺院・仏教などを含む日本の宗教全体のあり方をひもとく。

歴史学者である著者は、「神道」が古代日本で自然発生的に生まれた固有の民族的宗教であるという一般的な定義を否定するところから始める。元来、古代日本の宗教は、仏教や神祇信仰・修験道・陰陽道など多様な信仰の寄せ集めであった。そこから神道は中世に入って、天皇神話と融合し、その思想的解釈として成立していったというのだ。

権力による強権的な政治利用を通じて、民衆統治のための国家的イデオロギーとして近代に成立した、神道の暗部といえる「国家神道」についても論じている。

講談社現代新書 798円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
熱狂!アニメ経済圏

『君の名は。』『この世界の片隅に』…ヒットが相次ぎ、アニメ市場は2兆円に迫る。その一方で、新人アニメーターの年収は110万円という過酷な制作現場。結局、誰が儲けているのか?