人事部は見ている。 楠木新著

人事部は見ている。 楠木新著

某大手電機の定期人事異動は多くの企業と同様に4月1日付で行われ、そのひと月前に内示される。その際、異動に満足している社員は、職場移動の不安もあって、2~3割にとどまるという。

入社十数年までは、それぞれの職場での職務評価が重視される。役職が上がるにつれて、上位者との関係がより大きな比重を占め、「ヒキ」が大きなポイントになることが少なくない。ある社長は、常務以上の役員を決める際には、自分に対する忠誠心が何をおいても選ぶ基準になる、と本音を吐露する。

人事評価や異動は、実務ベースではどう決まっているのか。大手企業で人事に携わった著者が、自身の経験と取材を基に書き記す。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
トランプ相場に乗れ! <br>超成長株・優良株350

日経平均2万円突破は秒読み。米国株も最高値圏が続く。今年の上昇銘柄を見逃す手はない。いま仕込む日米両国の株・投信を紹介。初心者向けに「今年から始める米国投資」も掲載。