ベルリンフィル、後任にペトレンコ氏

ロシア出身の43歳を選出

 6月22日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、次期首席指揮者兼芸術監督にバイエルン州立歌劇場音楽総監督でロシア出身のペトレンコ氏を選出した。写真はベルリン・フィルハーモニーのホール(2015年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 22日 ロイター] - 世界有数のオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、次期首席指揮者兼芸術監督にバイエルン州立歌劇場音楽総監督でロシア出身のキリル・ペトレンコ氏(43)を選出した。

ペトレンコ氏は10代の頃に家族とともにオーストリアに移住、ベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽総監督を2002―07年務めた後、2013年にバイエルンの総監督に就任した。

ベルリンフィルの現首席指揮者サイモン・ラトル氏は今年初め、18年での退任を表明し、誰が後任となるかがクラシック音楽界での大きな話題だった。ベルリンフィルは団員が首席指揮者を投票で選ぶが、5月に行われた投票では意見が割れ、結論を先送りしていた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。