まるわかり政治語事典 目からうろこの精選600語 塩田潮著

まるわかり政治語事典 目からうろこの精選600語 塩田潮著

「出処進退 退き際」の項目に、政治リーダーの本質は出処進退に表れる。首相に制度上の任期はない。国会議員であるかぎり、仮に与党の党首の座を追われても、その気なら、ぎりぎりまで首相を続けることができる。いつどんな形で辞めるかの判断は最後に自分で下さなければならない。政権の最終場面に直面した首相が進退を決する場合の決め手となるのは、何よりも政権維持が不可能かどうかという延命の可能性の判断にある、と記す。

政界特有の用語、本来の意味から転じた俗語、隠語、スラング、新語、流行語、政治家の語録からなど、著者秘蔵の「政治語ノート」から600語を厳選して、「言葉で動く政治」の時代を読み解く。

平凡社新書 924円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。