イーティング・アニマル ジョナサン・サフラン・フォア著/黒川由美訳

イーティング・アニマル ジョナサン・サフラン・フォア著/黒川由美訳

米国での「工場式農場」の登場は、遺伝子操作された動物--飛べない鶏、柵の外では生きていけない豚、自然な方法では繁殖しない七面鳥……を生み出した。この結果、インフレを加味すると、動物性たんぱく質の価格は歴史上今が最も安い。ただし、政府の農場への助成金や、環境に与えるマイナスの影響、人間の疾病など、畜産業界が外部に負わせているコストを考慮に入れなければ、ということだ--。

さらに、今では女の子の第二次性徴期は昔よりずっと早くなり、子どもたちはありとあらゆるものにアレルギーを示す。小児ぜんそくの数に至っては、手に負えないほど増えている。みんな、食べ物のせいだとわかっている。食肉になる動物の遺伝子をいじり回し、成長ホルモンだとか、よくわかりもしない薬を手当たり次第に与えているからだ、とも指摘する。

米国食肉産業のうんざりするような現実を、綿密な取材と証言で描く。

東洋書林 1890円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。