IFRSに異議あり 岩井克人、佐藤孝弘著

IFRSに異議あり 岩井克人、佐藤孝弘著

100カ国以上が導入を決め、現在も多くの国が導入を検討しているといわれるIFRS(国際会計基準)。日本政府もIFRSを強制適用するかどうか、2012年をメドに判断するとしている。

ところが、本書はその流れに異を唱えている。その理由は、IFRSの会計観(資産負債アプローチ、公正価値、プリンシプルベース)には、理論・実務の両面において本質的な欠陥があるからだという。さらには、過去の業績より将来キャッシュフローの予測を重視するIFRSの方向性に疑問を呈している。

会計基準で日本が世界に伍していくのに不可欠の、IFRSの本質を、著名経済学者とシンクタンク研究員が詳細に洗い直す。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。