アラサーのための戦略的「人生相談」--自分を「客観視」するためのトレーニング法(その2)


広瀬 一郎

■■第15回・最終回 自分を「客観視」するためのトレーニング法(その2)

高田昇・仮名 30歳 広告代理店


広瀬:前回も述べたように、冷静に対処するためには、つねに「自分自身を把握する」必要があります。では、どのように自己を把握するのか? 最初に「自分とは何か」ということを考えてみましょうか。

高田:哲学的ですね。

広瀬:「自分とは何か?」という問いかけは、哲学そのものですよ。

現代哲学は「時間と自己」を考えることからスタートしました。ただ、「自分とは何十億個の細胞によって構成されて……」というような生物学的、あるいは物理的な問題とは違います。世の中には科学と哲学がありますが、「どういうふうに生きるか」を問うのは、まさに哲学の問題です。

簡単に言うのは危険ですけど、「自分とは、自分としての行動のこと」と考えてもいいでしょう。

「好きな飲み物を飲む」という行為も自分です。それらの行動を決定する要因が必ずあるはずです。それを「行動規範」と言います。

たとえば、何か飲もうとすると、そこにジャスミンティーとミネラルウォーターがある場合、どちらを飲むかという判断をしますね。テレビを見るときに、ニュースを見るのか、それともお笑いを見るのか、ドラマを見るのか、どれを優先するかは、自分の価値観によります。それで具体的な行動が決まります。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。