100年後には世界1の生命保険会社になろうと思っています--出口治明・ライフネット生命保険社長(第3回)

100年後には世界1の生命保険会社になろうと思っています--出口治明・ライフネット生命保険社長(第3回)

--今後大手生保がネット生保に参入してきた場合、どのように戦っていくのですか。

現在インターネットで生保商品を販売している生保会社は、当社とネクスティア生命(元SBIアクサ生命)、5月から一部参入してきたオリックス生命などの5社だけです。損保では東京海上グループのイーデザインという会社もあります。

40年体制が脈々と業界に流れているとはいえ、大手でも決断の早いところは既に参入してきているわけです。当社も情報を全て開示していますし、お金があれば当社と同じ会社はいくらでも作れるでしょう。新規参入と自由競争が人間の歴史を進歩させてきました。

生保業界は年間の保険料が44兆円という非常に大きなマーケットです。ネット生保の仲間が増えれば増えるほどパイが増えて社員も奮い立ちますし、結果的にお客様のためになると思います。

その中でライフネットが生き残れるかどうかは神様にしかわかりません。きちんと経営を行い、お客様から評価をいただければ生き残っていけると思っています。生保業界というのは、保有契約が1億件、新規契約が1500万件あり、自動車買い替えのごとく7年でまわしていく業界です。

当社は創業以来、対前月比で毎月8%伸びており、保有契約数も7万件になりましたが、業界全体からすればまだまだ影響力はないんです。保有契約が1億件の世界ですから。プロの方は原価の構造がわかっているので当社の商品を高く評価して下さってますが、どのように一般のお客様にお申込みいただくかというのは永遠の課題です。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。