連覇目指したシャラポワ、全仏オープン敗退

セリーナは準々決勝進出

 6月1日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープンの女子シングルス4回戦、前回王者で第2シードのマリア・シャラポワ(写真)は第13シードのルーシー・サファロバに6─7、4─6で敗れた(2015年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 1日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは1日、女子シングルス4回戦を行い、前回王者で第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)は第13シードのルーシー・サファロバ(チェコ)に6─7、4─6で敗れた。

シャラポワは同大会4年連続の決勝進出はならず、連覇の夢は断たれた。

第1シードのセリーナ・ウィリアムズはスローン・スティーブンス(ともに米国)に逆転勝ち。第4シードのペトラ・クビトバ(チェコ)は敗退した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。