最新ダイエットは縄を振って脂肪を燃やす

全米のジムで「バトルロープ」が大人気

 5月25日、これまで一部のアスリートらが取り入れていたエクササイズ「バトルロープ」は、今ではジムでも主流になりつつある。写真は2013年、ニューヨークで撮影。提供写真(2015年 ロイター/Stephen Meierding)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 全米のジムで大人気のエクササイズ「バトルロープ」をご存じだろうか。これは太い縄を使って身体を鍛えるトレーニング法で、これまでにも一部のアスリートらが取り入れていたが、今では一般の人にも高い効果が期待できる楽しい運動方法として、ジムでも主流になりつつある。

「バトルロープ」で使用するのは、船を係留できるほどに太く重い縄。これを鞭打つように振ったり、打ちつけたりするエクササイズだ。

全米エクササイズ評議会のジョナサン・ロス広報担当者は「上半身で走るような感じ」とし「筋肉を様々な方法で鍛えられる」と語った。

さらに、脂肪燃焼にも効果が見込めそうだ。2015年4月に「ジャーナル・オブ・ストレングス・アンド・コンディショニング・リサーチ」に掲載された調査によると、わずか10分間の運動でも心拍数が上がって十分なエネルギーが消費され、心肺機能が高まる、という。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。