ダイムラーと中国バイドゥが開発提携

車載用ソフトウエア開発で

 5月25日、ダイムラーと中国バイドゥは車載用ソフトウエア開発で提携する。写真はメルセデス・ベンツのエンブレム。シュトゥットガルトで2月撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 25日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>と中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)<BIDU.O>は、車載用ソフトウエア開発で提携する。

中国で販売する高級車メルセデス・ベンツにバイドゥのソフトウエアを搭載。スマートフォン(スマホ)からダッシュボードを通じて音楽やインターネットサービスの利用を可能にする。

両社が25日、中国・上海市で開幕した家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)アジア」で発表した。提携車の生産開始時期は明らかにしていない。

自動車メーカーは車内の情報・エンターテインメントサービスの拡充やスマホとの親和性向上を目指しており、テクノロジー企業との提携の動きを強めている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。