東京電力が決算発表、破綻リスクを表明

東京電力が決算発表、破綻リスクを表明

東京電力は、20日に発表した2011年3月期決算で、継続企業の前提に重要な疑義があると表明した。福島第一原発事故による特別損失で財務が大きく毀損、さらに決算に織り込まれていない原発事故の賠償負担の見通しがたっていないことから、企業として現状のまま存続できない可能性があると表明した。
 
 企業の決算書は、企業が存続することを前提に作成される。しかし、業績の悪化など、破綻リスクが認められる場合には、その決算書の前提が崩れることになるため、企業は自ら破綻リスクがあることを明らかにしなくてはならない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。