親鸞 津本陽著

親鸞 津本陽著

自らも浄土真宗門徒であり、『弥陀の橋は』『無量の光』で二度にわたって親鸞の伝記を著した歴史小説家が、あらためて親鸞の人物像と浄土真宗の教えを説く。

「女犯」の罪を犯し妻帯、子どもまでつくった親鸞。生涯の師となる法然と出会い、人生に光明を見いだす親鸞。関東の地で社会の底辺に生きる人たちを知り衝撃を受ける親鸞。著者はこうした逸話を語りながら、人生に苦悩する人間・親鸞の姿を多面的に浮き彫りにする。

また、「他力本願」「悪人正機説」の本来の意味とは何かなど浄土真宗の要諦を、著者自身の信仰を交えながら解説。巻末には、『教行信証』の末尾にある「正信偈」の全文と訳も掲載されている。

角川oneテーマ21 760円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。