老いの幸福論 吉本隆明著

老いの幸福論 吉本隆明著

著者の『幸福論』を10年ぶりにリニューアルして新書化した。老いてから幸福を考えるとはどういうことかを、当時76歳の思想家が縦横無尽に語り尽くしている。

超高齢化社会に突入しようとしている日本で、どう生きれば真の満足感や生きがいが得られるのかは誰にもわからないとしながらも、幸・不幸をあまり長い周期で考えないことが大事だと説く。現実の「身体の死」は明日死ぬとわかった時点で考えればいいことで、わからないうちから考えるから不幸になるのだという思考は、人生を達観した余裕すら感じさせる。

糖尿病性の精神障害を患っていることも告白。老いや持病とうまく付き合う方法などについても明かしている。

青春新書INTELLIGENCE 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。