凸版印刷は仙台工場でチラシ・カタログなど商業印刷ラインが通常操業復帰、フィルム印刷も復旧急ぐ【震災関連速報】

凸版印刷は仙台工場でチラシ・カタログなど商業印刷ラインが通常操業復帰、フィルム印刷も復旧急ぐ【震災関連速報】

総合印刷大手の凸版印刷は、東日本大震災で被災した仙台工場(仙台市泉区)の復旧作業を急いでいる。チラシ、カタログなど商業印刷の生産ラインは4月18日時点で通常操業に復帰。フィルム印刷についても復旧活動を進めている。

仙台工場は、東日本大震災の影響で設備などが損傷し操業が一時停止したが、家電量販店向けなどのチラシ、カタログを中心とする商業印刷の生産ラインが、いち早く通常操業を再開した。

また、同工場の生活環境系の生産ラインでは、菓子類の箱など紙器の印刷が再開。ただ、食品・水産用パッケージなどのフィルム印刷については、まだ全面的な操業再開には至っていない。引き続き復旧を急ぐ。

グループ会社では、段ボールなどを扱うトッパンコンテナー宮城工場(宮城県石巻市)が通常操業に復旧したが、たばこ関連のパッケージ印刷を手掛けるトッパンプロスプリント水戸工場(茨城県水戸市)については、復旧作業が続いている。
(島 大輔 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。