双葉電子工業の岩手拠点は5月中旬に全面復旧の見通し【震災関連速報】

双葉電子工業の岩手拠点は5月中旬に全面復旧の見通し【震災関連速報】

自動車向けの蛍光管やラジコンの製作を手がける双葉電子工業は19日、東日本大震災直後から操業を停止していた子会社で金型を生産する双葉精密(岩手県釜石市)が、5月中旬をメドに全面復旧する見通しになったと発表した。
 
 すでに18日時点で設備能力の50%が操業可能な状態にまで回復している。ただ一部ラインでしか操業を行っていない。順次、設備の修復、点検を行ったうえで、震災前の水準まで操業可能にしたい考えだ。

被災した双葉精密の金型生産は全体からすれば10%にも満たず、双葉電子工業の金型の供給能力の低下自体は軽微なものにとどまりそうだ。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。