トヨタが4月18日から全工場での生産再開を決定、全車種が対象【震災関連速報】

トヨタが4月18日から全工場での生産再開を決定、全車種が対象【震災関連速報】

トヨタ自動車の豊田章男社長(=写真=)は8日午後、名古屋市内で記者団に対し、18日から国内の全工場を再稼働させる方針を明らかにした。全車種が対象だが、部品供給がまだ万全でないため、稼動は通常の5割程度にとどまる見通し。トヨタでは東日本大震災の影響で、500種類の部品が不足していると説明してきたが、その数は現状で150種類まで減少したという。

トヨタは大震災発生直後の3月14日から国内の全工場で完成車組み立てを休止していた。3月28日からは愛知県の堤工場、系列車体メーカーのトヨタ自動車九州で3車種の生産を再開。また4月11日からは系列車体メーカーのセントラル自動車相模原工場で、2車種の生産再開を決めていた。

大型連休をはさんで4月28日から5月9日までは工場を休止する。5月10日以降の車両生産については、部品メーカーなどの状況を確認したうえで決める方針だ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。