ヤマト運輸は一部地域を除く宮城県全域で宅配便が通常化。福島県ではクール便を再開【震災関連速報】

ヤマト運輸は一部地域を除く宮城県全域で宅配便が通常化。福島県ではクール便を再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は30日から一部地域を除く宮城県全域で、宅配便を戸口まで届ける通常の集荷・配達を再開した。

再開したのは岩沼市、栗原市、仙台市、登米市、名取市、宮城郡のうち被災の大きかった一部地域。

また、同日から福島県を発着するクール便の取り扱いを再開した。ヤマト運輸は、双葉郡全地区、いわき市、南相馬市、田村市、相馬郡の一部を除く福島県全域で戸口まで届ける通常の宅配便サービスをすでに再開している。

一方で、岩手県、宮城県のクール便はなお停止中。東北6県での時間帯指定便や、岩手県、宮城県、福島県でのコンビニでの受け付け・受け取りも依然サービスを停止中。

ヤマト運輸は、東北6県を発着地とする宅配便について、「通常のお届け日数に加え2日~3日程度を要する可能性がある」としている。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。