IHIは相馬工場で一部操業再開、完全復旧にはなお時間要す【震災関連速報】

IHIは相馬工場で一部操業再開、完全復旧にはなお時間要す【震災関連速報】

IHIは29日、東日本大震災で被災した相馬第一・第二工場(福島県相馬市)のうち、被害が軽微だった加工棟で一部操業を再開した。再開した部分は工場全体から見ればごく一部だが、その他の加工棟でも復旧作業を進めており、順次、稼働を再開する予定だ。ただ、工場全体が稼働する時期は、現時点でははっきりしないという。

相馬第一・第二工場は、航空宇宙事業本部の生産拠点として、航空エンジン部品、ガスタービン部品、宇宙関連部品などを生産している。主な顧客は防衛省のほか、米国GE、英国ロールスロイスなどの航空エンジンメーカーで、数は限られている。今回、操業を再開した部分が第一、第二工場のどちらにあるかなど詳しい点については、明らかにしていない。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。