日経平均、先物で一時2万円に到達

大阪取引所の夜間取引でも堅調に推移

日経平均株価は、先物で一足早く2万円突破。10日の東京市場はどうなるか(撮影:尾形文繁)

日経平均の先物(6月限)が、大阪取引所の9日の夜間取引(ナイト・セッション)で一時2万円に到達した。時間帯は10日の2時すぎ。シカゴの日経平均先物でもほぼ同時間帯に2万円を突破、一時は2万0040円をつけた。

このままいけば、10日の東京市場でも、日経平均株価が取引時間中としては2000年4月17日以来、約15年ぶりの2万円回復となる可能性がありそうだ。終値で2万円を維持すれば、同年4月14日以来となる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。