アルプス電気の福島2工場が操業再開。東北地方の拠点すべてで再開果たす【震災関連速報】

アルプス電気の福島2工場が操業再開。東北地方の拠点すべてで再開果たす【震災関連速報】

電子部品メーカー、アルプス電気では、28日、宮城県内に続き福島県内の2工場が操業を再開した。

操業を再開したのは、スマートフォンや携帯電話等に用いられるインプットデバイス等を手がける小名浜工場(いわき市小名浜野田字柳町)、平工場(いわき市好間町小谷作字作畑)の2工場。先週末に水道や電力などのインフラが復旧し、28日より一部ラインで生産を再開した。

宮城県内の4工場もすでに稼動を再開している。これでアルプス電気の東北拠点の工場はすべて稼動を再開したことになる。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。