ソフトバンクの携帯基地局などの復旧進む。機能停止基地局は539局まで減少【震災関連速報】

ソフトバンクの携帯基地局などの復旧進む。機能停止基地局は539局まで減少【震災関連速報】

携帯電話3位のソフトバンクでは、東日本大震災の影響で機能停止した携帯基地局など、復旧が進んでいる。

携帯電話では、震災直後最大で3786局の基地局が機能停止状態に陥った。だが、その後電気が通ったことなどにより、23日17時時点で使えない基地局は539局にまで減少した。

ソフトバンクで機能が停止している基地局数は、同業2位で契約者数が800万件近く多いKDDI(au)(最大で3680局、23日時点で475局)よりも多い。これは当社が割り当てられている2ギガヘルツ帯の電波が、その特性上、NTTドコモ、auの電波よりも飛びにくく、その分多くの基地局を必要とするとされている点と関連しているようだ。そのため、ソフトバンクの被害額は、契約者数の多い競合他社並みとなる可能性もある。被害金額などは現時点では不明。

固定通信でも、電話で1500回線、専用線で100回線の不通状態が続く。ただ、被害の及ぶ範囲としては、携帯電話事業のほうが大きそうだ。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。