JR西日本は4月2日から京阪神などで運転本数10~40%削減へ。震災に伴う部品調達難が原因【震災関連速報】

JR西日本は4月2日から京阪神などで運転本数10~40%削減へ。震災に伴う部品調達難が原因【震災関連速報】

西日本旅客鉄道(JR西日本)は、4月2日から在来線の列車の運行を削減することを決定した。東日本大震災の影響で、部品調達に支障が出ると判断したため。

不足するのは、日立化成が供給する直流電動機ブラシ。モーターに直流電動機を使用している旧型車両約2300両(在来線の電車約4700両のうちの半分)に影響が出る。

JR西日本では、直流電動機ブラシの調達の8割を日立化成に頼っている。素材を製造する日立化成の山崎営業所(茨城県日立市)と、最終加工を行う浪江日立化成工業の工場(福島県双葉郡)の2工場が操業を停止しており、再開メドはたっていない。このうち、最終加工工場は、福島第一原子力発電所の避難区域に位置し、立ち入ることができない状況だ。JR西日本は、別の調達先2社に増産を要望しているが、早急な対応は難しいもよう。

この状態が続けば、4月下旬から運行できなくなる車両が出てくる。運行休止の時期をなるべく遅らせるため、JR西日本では4月2日からの運行削減に踏み切った。

京阪神では、大阪環状線で、デイタイム(10時~17時頃)で20%減の運転本数になる。そのほか、大和路線やおおさか東線、湖西線などの京阪神、金沢や岡山、広島など幅広いエリアで、10~40%程度の運転本数減という影響が出る見込みだ。また、特急列車のうち、「こうのとり」「きのさき」「くろしお」「やくも」の該当車両については、編成両数を短くするなどの対策をとる。

運転本数の削減により、一時的には対処できるものの、日立化成による部品供給停止が長引けば、いずれ運行休止をせざるをえなくなる車両も出てくると見られる。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。