ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県で通常の宅配便を再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県で通常の宅配便を再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は23日から青森県、秋田県、山形県で、玄関口まで届ける通常の宅配便サービスを再開した。これまでこれら3県では通常の宅配便は一部地域にとどまり、荷受け人が営業所まで受け取りに行く必要のある「営業所止め」のサービスが主体だった。

また、これまでの発払いのみに加えて、着払いや代金引換の「宅急便コレクト」を再開する。県内から県内への配送では、通常の「翌日お届け」を実現、県外へは「通常の日数に加えて2日から3日程度を要する」(同社)としている。クール便や時間帯指定、メール便、単身引っ越しサービスは依然として休止中だ。

東北地域のうち、これら3県以外の岩手県、宮城県、福島県では依然として営業所止めのサービスにとどまっているが、福島県では23日、新たに、いわき好間中央センターや福島空港センター、相馬センターなど8カ所での営業所止めサービスを開始した。いわき市内の3店、双葉郡の3店、相馬市の1店、南相馬市の1店は閉店中。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。