歌謡曲 時代を彩った歌たち 高護著

歌謡曲 時代を彩った歌たち 高護著

日本のポピュラー音楽の中心として独自の発展を遂げてきた歌謡曲の名曲を取り上げ、その魅力を探る。

「昭和歌謡」と呼ばれ見直されている、1960~80年代までの30年間の作品を中心に編まれていて、主要曲は、個々の歌手・作詞家・作曲家・編曲家などを詳細に解説している。

日本の大衆音楽で最も大きなムーブメントといわれるGSブームから始まり、自作自演が前提のニューミュージックが誕生した70年代、松田聖子、中森明菜などのアイドルが全盛期を迎えた80年代。そして、現在につながるコンピュータ音楽とダンスミュージックの萌芽まで、歌謡曲の変遷を俯瞰的に眺めていて、もう一つの昭和史とも読める。

岩波新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。