これが「極限アイロンがけ」という競技だ

発案者の競技復帰でブーム再来か

3月19日、世界で最も奇妙な「スポーツ」とされる「エクストリーム・アイロンがけ」の考案者が、11年を経て競技に復帰することを決めた(2015年 ロイター)

[19日 ロイター] - 世界で最も奇妙な「スポーツ」とされる「エクストリーム・アイロンがけ」の考案者が、11年を経て競技に復帰することを決めた。生みの親本人の復活で競技の人気に再び火がつくか、注目されている。

競技を考案したのは、ロッククライミングの選手でもある英国人のフィル・ショウさん。ある日、洗濯物の山を見て、退屈なアイロンがけを楽しむ方法はないかと考え、クライミング中にアイロンがけをやってみようと思いついた。

ショウさんは「エクストリーム・アイロンがけは、退屈な家事とスポーツの興奮を併せ持つ、ユニークな競技だ」と語る。

この新たなスポーツに挑戦する人々は続々と現れ、水中で、あるいはアフリカの最高峰キリマンジャロで裸になりながらアイロンがけが行われたこともある。

「スチーム」の愛称で知られるショウさんは2002年にドイツで行われた「最初で最後」の世界大会で優勝。その後は競技から退いていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。