テンアライドは仙台市、福島市の4店が営業停止、都心部では一部営業時間を短縮【震災関連速報】

テンアライドは仙台市、福島市の4店が営業停止、都心部では一部営業時間を短縮【震災関連速報】

「旬鮮酒場 天狗」など居酒屋チェーンを手掛けるテンアライドは、東日本大震災の影響により、宮城県仙台市、福島県福島市の計4店を営業停止としている(2月末全135店)。店舗の損傷が激しいほか、電気・ガスなどライフライン全般が途絶えていることが要因だ。

停止している店舗の業態の内訳は、「旬鮮酒場 天狗」1店。「和食れすとらん天狗・旬鮮だいにんぐ天狗」3店。「再開メドは当面立たない」(玉置守・取締役経理部長)ことから、同4店舗では店長、副店長に当たる正社員計8名全員が現地から都内の本社へ引き上げている。

主力商圏の都心部では、ビールなど一部商品で欠品が生じているが、営業を継続している。ただ、食材不足や従業員の通勤が行えないなどの要因で一部営業時間を短縮している店舗も存在しており、「(営業時間を短縮するかどうかの)判断は現状各店の店長に判断を委ねている」(玉置取締役)という。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。