クボタは部品供給遅れ等で、コンバイン生産の宇都宮工場など2工場の稼働再開を延期【震災関連速報】

クボタは部品供給遅れ等で、コンバイン生産の宇都宮工場など2工場の稼働再開を延期【震災関連速報】

クボタは、宇都宮工場(栃木県宇都宮市)と筑波工場(茨城県つくばみらい市)の2工場について、少なくとも20日まで稼働を停止すると明らかにした。21日以降の再開メドについては「未定」(広報)としている。本来は、今日(17日)から稼働再開予定だった。

宇都宮工場はコンバインや田植機、筑波工場はトラクター、エンジンなどを、輸出用をメインに生産している。稼働を延期した理由は、部品の供給が困難であるため。また、従業員のほとんどが自動車通勤であるため、ガソリン不足も影響している。2工場とも、今のところ、代替生産の予定はない。

トラクターやエンジンは、堺(大阪)でも生産しているが、モデルが異なるため、振り替え生産が容易というわけではない。稼働再開が遅れれば、今期および来期の業績に影響を及ぼすおそれもある。

船橋の京葉工場(千葉県船橋市)については、夜勤のみ、今日(17日)から稼働を再開する。日中は、計画停電の影響を受けるため、当面、営業しない。竜ヶ崎工場(茨城県龍ヶ崎市)は、16日から稼働を再開している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。